目の下の気になるたるみはクリームで一発解消できる

レディ

基礎化粧品の成分

女性

水溶性と脂容性がある

スキンケアをするときに使用するのがローション・美容液・ミルク・クリームなどの基礎化粧品です。基礎化粧品は、肌をきれいに保ち、メイクのノリや持ちを良くするために大切です。スキンケアをすることで、ニキビ、肌あれ、吹き出物、たるみ、しわなどの様々な肌トラブルを予防することができます。基礎化粧品に含まれているのが、肌トラブルを予防するための有効成分です。基礎化粧品にはコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど、様々な有効成分が配合されています。その中でも昔から人気なのがビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は肌トラブルのない美しい肌にするために役立つ有効成分です。ビタミンc誘導体はビタミンCが持っている美肌効果が基礎化粧品で発揮できるように研究機関で改良された有効成分です。ピュアビタミンCよりも肌への浸透力が強く、角質の深層部に浸透して肌力を底上げします。ビタミンc誘導体入りの基礎化粧品は沢山ありますが、ビタミンc誘導体は水溶性なので、水溶性の基礎化粧品であることが大切です。美容液やミルクやクリームなどは脂容性です。脂容性の場合、水溶性のビタミンc誘導体を配合するには合成界面活性剤が必要です。しかし、脂容性の性質を持っているアプレシエなら、ミルクやクリームにも合成界面活性剤なしで配合できます。アプレシエは新しいタイプのビタミンc誘導体で、水溶性と脂容性両方の働きがあります。そのため、基礎化粧品すべてに合成界面活性剤なしで配合することができます。